建築価格は予算の範囲内か

注文住宅の建築を依頼するハウスメーカー選びの際の判断基準はいくつかありますが、もっとも重要なのが希望する家を建築する際の費用はあらかじめ立てておいた予算の範囲内になっているかです。せっかく希望通りの家を建築してくれそうなメーカーだったとしても、建築費用が予算をオーバーしてしまっているのであれば、そのメーカーには依頼しないほうが良いでしょう。家の建築費用はかなり高額となります。すると感覚がマヒしてしまい普通なら躊躇するような数十万円の値上がりも承諾してしまいがちなのですが、定めた予算は極力厳守しておいたほうが良いでしょう。

また、予算を出してもらう際に見積もりを作成してもらいますが、その見積もりの内容が納得のいくものとなっているかもハウスメーカー選びにおいてはとても重要なポイントです。また追加で工事が発生する可能性があるのか、その際に別途費用が発生するのかも必ず確認しておきましょう。

担当の営業マンを見極める

ハウスメーカーを選ぶ際には、営業マンの接客態度もとても重要になります。希望通りの家を建築出来るかどうかは、ハウスメーカーがカギを握っていることは間違いありませんが、それと同じくらいに良い営業マンに出会えるかどうかに左右されます。あまり優秀ではない営業マンに共通するのが、とにかく売ることを全面に押し出してくる営業マンです。こちらが聞いてもいないのに会社の長所ばかりを話してきたり、初対面でいきなり商談に持ち込もうとするような営業マンは止めておいたほうが良いでしょう。いっぽうこちらの希望をしっかり聞いてくれ、実現できないことは正直に話してくれるような営業マンは優秀です。

愛知の注文住宅はデザインに優れた建築が多いです。カラーや形などいろいろな視点で、斬新なものとなっています。