12か月

賃貸住宅の初期費用の内訳について

賃貸住宅を借りるときは、毎月の賃料とは別に初期費用の支払いが必要になります。賃貸住宅の広告には、賃料の数字の表示よりも小さく記載されているため、見逃しがちになるのでしっかりとチェックすることが大切です。初期費用とは、敷金や礼金、前家賃や仲介手数料などです。その他にも、賃貸住宅によってはカギの交換費用や火災保険料などの出費が重なることもあります。細かい初期費用の内容は、賃貸広告には表示されていないこともあるため、あとから知らなかったということがないように、初期費用の内訳はちゃんと確認するようにしましょう。そして、初期費用は先払いになることが多いため、総額でどのくらいの金額の支払いになるのかを計算し、資金を準備しておくと良いです。

賃貸住宅の初期費用の内訳について敷金や礼金とは!?

賃貸住宅の初期費用である敷金とは、退去するときまで住宅を管理する大家や不動産会社に一時的に預けるお金のことをいいます。退去の際に、住宅の修理費用や家賃滞納があれば敷金から引かれることになります。余った敷金があれば残りのお金は返ってきます。礼金は敷金のように退去時に戻ることはありません。大家又は不動産会社へお礼として先払いするお金です。住む地域によって敷金や礼金の平均相場は違いますが、それぞれ賃料の1ヶ月から2ヶ月分の先払いが必要になります。敷金礼金の負担が悩みなら、初期費用が無い賃貸住宅を選ぶことも可能です。賃貸住宅によっては、敷金のみ負担がない物件や、敷金礼金の両方とも費用がかからない物件もあるので節約できます。

旭川の賃貸には、除雪サービスがあると便利です。旭川市は雪が多く、通勤前の雪かきに30分以上かかってしまうこともあるからです。