12か月

初期費用を押さえて安く借りることができる

賃貸オフィスの場合、低コストで直ぐに利用を開始することができるという点が、最大のメリットだと言えます。特に、ベンチャー企業やNPOなどを立ち上げようと考えているのであれば、賃貸オフィスを契約することで初期投資にかかる費用をかなり抑制する事ができるため、これから新規事業を立ち上げるべく、オフィスをどうしようか考えている場合には、まずは賃貸オフィスを契約することからはじめてコストを抑えてみてはいかがでしょうか。

機密情報の漏洩対策がしっかりしている

賃貸オフィスのメリットとして、機密情報の管理に長けている点があります。オフィスごとの契約になるため、情報はオフィス内でしっかり管理を徹底することが可能です。その点、コワーキングスペースなどのフリースペースを利用するとなると、情報が漏れやすく、機密情報の管理に適していません。また、賃貸オフィスの場合には電話の声が漏れにくく、外部に話の内容が漏れてしまうリスクを最小限に抑えることができます。

賃貸料が変動する場合がある

賃貸オフィスのデメリットとして考えられるのは、賃貸料の変動です。賃貸オフィスの場合、経済成長や地下価値の変動によって家賃が上がったり下がったりします。そのため、初期に契約した賃貸料をずっと維持することができるという確約はありません。賃貸オフィスを管理する不動産会社から、ある日突然賃貸料の値上げ交渉を持ちかけられるという事も考えられるため、レンタル料が変動するリスクがあることを念頭に置いた上で契約を結ぶことです。

中央区で賃貸オフィスは社員の通勤がしやすい環境ですが、同時に家賃などの維持費が高くなります。オフィスを借りる前にどのくらい維持費が掛かるか計算する必要があります。