12か月

ハウスメーカーに依頼したときの特徴

注文住宅を建てるときは、専門的な会社に依頼をします。主な依頼先はハウスメーカーや工務店で、自分の重視しているポイントを理解して建ててくれる会社を選ぶことが大事です。ハウスメーカーと工務店の主な違いは、ハウスメーカーは大手の企業で工務店は地域に密着して住宅を建てている点です。大手企業であれば今まで建設してきた多くの実績もありますし、モデルハウスなども営業しています。注文住宅は完全な自分だけの建物なので同じものは存在しませんが、モデルハウスを確認すればある程度どのような物件の建設が可能なのか目安にできます。デザイン性を重視する場合にもハウスメーカーに依頼するメリットは大きく、展示場に足を運ぶことで内装や外観、住宅に備え付けられる設備面も依頼者自身の目で確認が可能です。

工務店に依頼した際の主な特徴

もう一方の依頼先の工務店では、その地域性に特化した住宅を建設している場合が多いです。ハウスメーカーのように大規模なモデルハウスは持っていませんが、担当者と綿密にコミュニケーションを取れる点がメリットです。注文住宅を建てたい人は間取りやデザイン、収納など何かしらに分譲住宅とは違った特徴のある家が欲しいと考えているはずです。工務店の良さは依頼者の希望を親身になって聞いてくれることで、希望を伝えやすい点と言えるでしょう。また、注文住宅は分譲住宅よりも価格が高くなるのが一般的です。同じ間取りやデザインで複数の家を建てる分譲住宅とは異なり、特別な要望を聞いてオンリーワンの家を建てるので当然です。大手ハウスメーカーと比較して、工務店のほうが価格面でも安く済みます。依頼者は何を重視しているかによって、依頼先の決め方が変わります。

名古屋の注文住宅業者は、お客との絆を深めながら、デザイン性と耐震性を兼ね備えた、地震大国日本にふさわしい安心安全な住まいを提供しています。