11か月

通信環境は建物に依存するから

賃貸住宅を選ぶときにはネットワーク環境について十分に検討するのが大切です。賃貸生活を始めてからどのようなネットワーク環境を使おうと考えているでしょうか。固定回線を引き込んで利用したいのか、モバイル回線を使うのか、スマホのテザリングで済ませるのかによって求められる環境が異なります。特に注意が必要なのがモバイル回線やテザリングを使用する場合です。部屋の中に入ってみると通信環境が悪くなって速度が十分に出なかったり、途切れ途切れの通信になったりする場合がしばしばあります。自分が使いたいネットワークで支障がないかどうかを現場で確認してみましょう。内覧をするときに忘れてはならないポイントです。

ブロードバンド物件なら良いわけではないから

回線を引き込んで利用したい場合にはブロードバンド物件なら良いと考えてしまいがちです。確かにブロードバンド物件なら回線を引き込める可能性が高いですが、希望している回線を引き込めるように工事が入っているとは限りません。逆にブロードバンド物件と記載されていなくても光回線などを引き込める設計になっている場合もあります。ブロードバンド物件という言葉はナローバンドからの切り替えのときに登場した言葉で、近年ではあえて言及されないことが多くなりました。むしろブロードバンド物件が広まった時期には光回線が主流ではなかったので対応できない可能性があります。ブロードバンド物件なら良いと考えるのではなく、個々の物件についてネットワークの対応状況を確認するのが重要なのです。

釧路の賃貸を探しているなら、不動産会社に行く前にインターネットなどを利用して、住みたい物件の候補をある程度見つけておくことが重要です。