11か月

訳アリ物件とはどのようなものか

賃貸住宅の訳アリ物件とは何か事故があった物件の場合が多くなっています。入居者が部屋の中で亡くなってしまったり、強盗などの犯罪があったりした物件は訳アリ、いわくつきとよく言われています。広い意味ではクレームが多い物件という意味合いで訳アリ物件と言われていることもあり、理由は物件ごとに違うので注意しましょう。一般的な考え方で判断して、ネガティブに捉えられる側面があるのが広義での訳アリ物件です。

訳アリ物件を選ぶ魅力と問題点

訳アリ物件が流通しているのはなぜなのでしょうか。一般的に好まれないような物件ならいつまでも空室になってしまうので、オーナーとしては損失の原因になってしまいます。しかし、実際には訳アリ物件として入居者を募集すると契約したいという人が出てくるのです。訳アリ物件は何らかの原因で好まれない条件ができてしまっているけれど、魅力もある物件のことが多いからです。家賃が安くて入居時に初期費用がほとんどかからないというのが典型的で、さらに周辺環境が良かったり、駅などのすぐ近くだったりすることもあります。

訳アリ物件は理由を聞いて納得できる人なら値打ちの高い物件です。オーナーとしてもその認識があるので、物件を手放すことなく入居者を募集しています。ただ、訳アリ物件ということが周囲に知られると軽蔑視されることもないわけではありません。特に人が亡くなった部屋の場合には変な噂が立ってしまうこともあります。リスクも加味して訳アリ物件を選ぶかどうかを検討しましょう。

北見の賃貸物件は賃料に加えて、共益費があります。防犯システムや雪かき道具などみんなで使う設備にお金を払うのです。