11か月

インターフォンはモニター付きが理想的

賃貸住宅の設備としてインターフォンは詳細を見ておいた方が良いポイントです。古い物件では呼び鈴があるだけで、インターフォンにはなっていません。呼び鈴の場合には玄関の扉を開けて様子を見てみないと誰が来たのかがわからず、不安が生じることは否めません。インターフォンがあると声でコミュニケーションを取れるので誰かを確認することは可能ですが、嘘をつかれてしまうリスクもあります。モニター付きインターフォンならカメラを通して姿を確認できるので、安心できる来訪者かどうかを玄関を開けずに判断できます。場合によってはその場で引き取ってもらうことも、警察を呼んで対応をしてもらうこともできるので安全面を考えるとモニター付きインターフォンが理想的でしょう。

交渉すると付けてもらえることもある

魅力的な物件が見つかったけれど、モニター付きインターフォンだけが付いていないというケースもあります。築浅の賃貸住宅でないとモニター付きインターフォンが付いていないことは多いので、なかなか付いている物件を手に入れられずに悩むことも珍しくありません。ただ、モニター付きインターフォンは単価が安くて設置コストも低いため、交渉すると付けてもらえる場合があります。賃貸住宅のオーナーとしては長期的に使える設備なので、設置を条件にして入居してくれるなら喜んで対応してくれる場合も多いのです。特に入居者募集をずっと続けていて空室がある賃貸住宅を選ぶとこのような交渉は通りやすいでしょう。

札幌中央区の賃貸は、駅に近い物件だと利便性が高くなります。商業施設も揃っているため、住みやすい環境だと言えます。