11か月

家具家電があると生活を始めやすい

賃貸住宅の中には家具家電付きの物件があります。ベッドやタンス、ダイニングテーブルとイスなどの一般的に必要とされる家具や、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどが整っているのが家具家電付き物件の特徴です。備品として整えられているので自由に使用することができ、壊れたときには管理会社に修理してもらうことができます。家具家電を揃えるのは新生活を始めるときには大きな負担です。入居するタイミングで手配できていない場合には、しばらくは家具や家電が不足している状況で生活しなければなりません。しかし、家具家電付きなら通常必要とされるものは揃っているので、手配の手間をかけることなく生活を始められます。

広い意味での費用を抑えやすい

家具家電付きの賃貸住宅は住生活に関わる広い意味での費用を抑えやすいのがメリットです。家具や家電を購入する費用は合計すると何十万円にもなります。そして、引っ越しをするときには処分するか、次の住まいまで運ばなければなりません。処分には数百円から数千円程度の費用がかかります。引っ越し先に持っていく場合には数千円から一万数千円くらいの費用がかかるものが多いでしょう。引っ越しのタイミングに合わせて処分したり、発送できるようにしたりする手配も必要で、余計なコストがかかることも稀ではありません。しかし、家具家電付きなら退去するときにはそのまま置いておけば良いだけです。退去の瞬間まで利用でき、処分の手配も必要ないので手間もコストもかかりません。

一戸建て物件を中心に札幌東区の賃貸物件を限定して選ぶ事ができます。外観や耐久性が優れた物件を優先する方法も可能です。