12か月

ローコストでできる家造り

家造りをしたいときには新築住宅を建てようと考えるのが一般的です。しかし、予算が十分になくてなかなか注文住宅を建てられずにいる場合もあります。その際の打開策として検討してみると良いのが中古住宅を活用する方法です。中古住宅を使う家造りはローコストでできるのが魅力で、半分以下の予算でも家造りをおこなえることがあります。中古住宅で家造りをするにはリノベーションをするのが基本です。リノベーションをすれば住宅の骨格部分を除けばほとんどの部分を変更できるので、見た目はほとんど新築のような状態にできます。間取りを変更したり、増築したりすることもできるため、安い中古住宅を選んでリノベーションをすれば魅力的な家を手に入れられるでしょう。

リノベーションをするメリットとデメリット

中古住宅のリノベーションによって家造りをする方法にはメリットもデメリットもあります。予算を抑えられるのが最大のメリットですが、魅力的な立地に家を構えられる可能性もあるのも注目すべき点でしょう。好立地の土地には既に建物がある場合が多いので手に入りにくいという問題があります。古い中古住宅なら環境も良くて立地も優れているところで見つけられる可能性が高いのです。デメリットとしては建物の骨格部分は古いままなので耐久性の問題が生じるリスクがあることが挙げられます。構造によっては施工できないリノベーションの内容もあるので、中古住宅の購入と施工内容の検討を同時進行でおこなわなければならないのもデメリットでしょう。

ローコスト住宅とは、様々な世帯に購入しやすい価格帯で販売されている。安全性の問題が指摘されるが、近年自然災害の多い日本では厳しい建築基準が設けられており、それらをクリアし、安全性も保証されている。