12か月

家造りには大きな予算が必要

理想の家造りをするには大きな予算が必要になります。少なくとも数千万円単位での予算を用意できなければ注文住宅を建てることはできません。ただ、どのような住宅にするかによって必要な予算にも大差があります。2000万円あれば建てられることもあれば、1億円以上も必要になる場合もあるのです。そのため、家造りをするためにはどのくらいの予算があれば理想を実現できるのかを見積もることが重要になります。そして、その予算を確保できる目途が立ったところで家造りを開始するのが賢いと言えるでしょう。住宅設計にかかるコストがどのくらいなのかを知るには見積もりを取るのが最も確実です。できるだけ早い段階で業者に相談して見積もりを出してもらいましょう。

住宅設計のコストの見積もりを取るときのコツ

見積もりありきで家造りを進めていくのは予算確保の点からとても重要ですが、見積書を発行してもらった際には有効期限があるので注意が必要です。住宅建築に必要な材料や人件費は変動しているので、一年後には同じコストでは住宅を建てられないことがよくあります。そのため、まだ予算が十分にない段階で見積もりを取るときには概算で十分です。住宅業者にも予算を知りたいから概算をして欲しいと伝えて、細かい設定をせずに大まかにいくらくらいかかるかを見積もってもらいましょう。詳細な打ち合わせをして設計を決めると時間もかかってしまいます。概算だけならすぐにやってくれる業者が多いので、予算について知るにはうってつけの方法です。

ハウスメーカーの中には、かなりこちらの希望に沿った形で3000万の家を立ててくれるところもあります。設計段階から相談を受けてくれるところもあります。