12か月

立地選びは妥協しない

起業するうえで大切なのが会社の場所です。周囲に他の企業があることで、業務効率化や販路拡大などが期待できます。事業によっては、取引先と賃貸オフィスが近くにあると、同エリア内でビジネスを完結させることも可能です。企業が密集している立地だと、新たなビジネスが生まれる可能性もあります。企業同士のネットワークを構築することができ、今後の事業に多大な影響を与えると言っても過言ではありません。立地を慎重に探すことで、企業の未来が決まります。

交通アクセスもポイント

賃貸オフィスへのアクセスも重要なポイントです。通勤や外出などの交通アクセスが良ければ、スタッフの移動負担を軽減することができます。頻繁に取引先と打ち合わせをするのであれば、賃貸オフィスへのアクセス方法を考慮しなくてはいけません。駅に近いほど交通手段の選択肢が増え、利便性が高いと言えます。人が集まりやすい場所のため、新しい人材確保がしやすくなるのです。ただし、駅に近い賃貸オフィスは、賃料が高いことも珍しくありません。

必要な設備が揃っているのか確認

仕事をするためには、当然のことながら設備が必要です。オフィス家具やOA機器など、業務に適した設備を導入しなくてはいけません。購入して仕事の環境を整えることもできますが、賃貸オフィスでは設備をレンタルすることができます。予算を抑えながら業務にあたることができるため、コスト削減をすることも可能です。賃貸オフィスによってレンタルできる設備に違いがあるため、借りるときには確認する必要があります。

港区で賃貸事務所を選ぶときはインターネットの検索サイトが便利です。口コミや写真や価格などが一目瞭然で検討しやすいです。